RとPythonで医学統計

RとPython初心者医学生

医学生はこれから目立つように心がけるべき?and「医療戦略の本質」が届きました。

3日前ぐらいから”ブログランキング”なるものに登録してみたのですが、アクセス数がぐんっと上がりました。

ヒソヒソと勉強過程をブログに書く予定でしたが、やっぱりアクセス数が上がるとモチベーションに繋がりますね。

という訳でよろしくお願いします↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
なるべく継続できるよう、これからも頑張りたいと思います。

 

閑話休題

 

今日も楽天ブックスから注文していた本が届きました。

 

山本雄士先生が翻訳されている本です。

山本先生のサイトからプロフィールを引用しますと、

1974年札幌市生まれ。1999年東京大学医学部を卒業後、同付属病院、都立病院などで循環器内科、救急医療などに従事。2007年Harvard Business School修了。

現在、株式会社ミナケア代表取締役ソニーコンピュータサイエンス研究所リサーチャー、慶應義塾大学クリニカルリサーチセンター客員准教授、公益財団法人日本医療機能評価機構客員研究員を兼任。ヘルスケア全体のシステムマネジメントを中心に、政策提言や講演活動を国内外で行う。また、教育活動として山本雄士ゼミを主宰している。日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医

共著書に「病院経営のしくみ」(日本医療企画)、訳書に「医療戦略の本質」(マイケル・E・ポーターら、日経BP社)、「奇跡は起こせる」(ジョン・クラウリー著、宝島社)などがある。

定期的にゼミも行なっているのでヘルスケア関連または医療政策に興味がある方は参加して見てはいかがでしょうか。

公式ウェブサイトを貼っておきますので、興味がある方はどうぞ。

yujiyamamoto.com

今のところ、積読になる気しかしないのですが今年中には読み終えたいと思っています。