RとPythonで医学統計

RとPython初心者医学生

医学生が「Rによるやさしい統計学」を読んでみた

 

 「Rによるやさしい統計学」を読み終えました。Rの初学者は絶対にこの本から入ったほうが良いと思います。

統計の基本知識も説明してくれてますので、かなり勉強になりました。

ただ、この本を読んだたけでは全然Rを使えるレベルにはなりません。

www.statsbeginner.net

統計学とRの勉強では上記のブログを参考にしています。

次に何を勉強しようかと思い、

を購入してみたのですが、今の自分にはかなり無理そうな感じでしたので断念しました。もう少しレベルアップしたらいずれ読みたいと思います。

 

「Rによるやさしい統計学」ではあまりグラフ作成に力点を置いてなかったので、

今はこの本で勉強しています。

統計理論の勉強していると心が折れるので、たまにはRでそれっぽいことをしている感じを出すとモチベーションが維持できます。

この本の巻末に紹介されている「ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門」

を購入してみたのですが、医学統計の合間に息抜きとして読みたいですね。

見た感じ難しそうでなかったので、すぐ読めそうな気がします。

 

医学統計に関しては、「Rによる医療統計学」を購入しました。

「Rによるやさしい統計学」的なレイアウトだったので、分かりやすいような気がします。

学生の間に一通りの医学統計手法を理解しておきたいですね。