RとPythonで医学統計

RとPython初心者医学生

医学生の英語勉強方法

将来お医者さんになるにあたって、上の先生方から散々言われていると思いますが、

英語の勉強は必要です

といっても自分は英語の勉強はしていません。

USMLEの勉強している人々や意識高そうな人々は勉強してますけど、純粋に凄いと思っています。

英語単体で勉強できるモチベーションが本当に素晴らしいです。

自分には無理なので、興味のある分野を英語で学習すれば一石二鳥だなと思い英語でオンライン学習をしています。

www.udemy.com

幸いなことにRの講義は日本語で1つしかなく、それ以外は基本英語講義のみです。

自分が今受講しているコースは

www.udemy.com

www.udemy.com

www.udemy.com

です。

今はちょうど「学習祭」というタイムセールをやっていて、基本的に1講座1200円で受講できます。

事前知識として「Rによる優しい統計学」レベルが理解できていれば、だいたいのことは言ってみる意味がわかります。

Rによるやさしい統計学

英語で授業を受けながら、Rを起動していると凄く意識高い系になった感じがしてオススメです。

医学部に入学してから全くと言っていいほど英語の勉強してませんが、今月に入って毎日英語に触れるようになったので凄い進歩です。

 

ちなみに、医学英語に関して言えばオススメはこれです。

ポリクリが始まる前に読みましたが、知らない間に続編的なものがいくつか出ていました(割と人気がある?)

とりあえず、端から端まで英単語を受験時代に覚えたように写経していけば、大体の医学英語の雰囲気が分かるようになります。

臨床医学が始まって意識の高い内にサラッと勉強しておくのが良い気がします(多分、医者になったらまずやらない)

 

 

 

英語が喋れるようになるためには別途で英会話の実践をする必要があると思います。

英語が聞けるようになりたいのであれば、試験を受けるとかでない限りダラダラTOEICやTOELFの勉強より自分の興味があることを英語で学習してみたらいかがでしょう。

医学でもYouTubeで英語検索すればだいたい解説動画がありますし、ある分野の英語が聞けるようになれば、得られる情報量が圧倒的に増えますのでオススメです。