【for-loop statement編】医学生が教えるPythonの簡単なプログラムの作り方

 

はじめに

今回は【for-loop】を使った簡単なPythonプログラムを作っていきたいと思います。

基本的に、過去記事の続きとなっていますので前回の記事もご参照ください。

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

 簡単なプログラムを作ってみよう!

今回もまずは、ターミナルを起動させていきます。

[Ctrl]+[Alt]+[T]で出現してくれます。

f:id:Medicmed:20180310041332p:plain

すでに、" for.py "というファイルを作ってデスクトップにおいてあります。

nanoエディタで中身をさっそく見てみましょう。

ファイルの中身の見方は、" nano for.py "です。

f:id:Medicmed:20180310041825p:plain

[Enter]を押すと、画面が切り替わります。

f:id:Medicmed:20180310052710p:plain

前回の記事と少し変わって、最初の部分に新しいコードを追加してみました!

最後の呪文部分なんですが、これは

"指定されたファイルを読み込んで、ターミナル上にファイル内容を表示する”

というコードです。

言葉で説明するより、実際に画像で示した方がわかりやすいと思いますので、以前の記事の際に作成した" hello.py "で行ってみましょう。

前回の記事を見ていない方はこちらの記事になります。

www.medicalmed.press

 

 

新しいターミナルを起動させます。

" hello.py "ファイルがあるPythonディレクトリに移動します。

f:id:Medicmed:20180310043210p:plain

 ファイルを読み込ませる際にパス指定がありますので、カレントディレクトリの取得をBuilt-in-Functionsで取得してみます。

使用するのは、

" OSモジュールのgetcwd()ファンクション "

です。

今回はこれを使用してみるので、Pythonを実行させます。

f:id:Medicmed:20180310044119p:plain

モジュールのインポートをしてファンクションを使用するやり方は3種類ありますので、一応全部やってみます。

f:id:Medicmed:20180310045013p:plain

好きな方のやり方で良いと思います。

とりあえず、これでカレントディレクトリがPythonのBuilt-in-Functionsを使って取得することができました。

それでは、" hello.py "ファイルをPython上で読み込ませ、ターミナル上にファイルの中身を表示させてみます。

f:id:Medicmed:20180310050225p:plain

まず、" hello.py "ファイルをPython上で開きます。

次に、開いたファイルを読み込ませていきます。

f:id:Medicmed:20180310050623p:plain

" hello.py "ファイルを読み込んだものを、dataに格納します。

あとは、それをprint()で表示させれば終了です。

f:id:Medicmed:20180310050956p:plain

Python上で" hello.py "が表示できていることが確認できました。

それでは、今回作った" for.py "ファイルを実行させてみましょう。

f:id:Medicmed:20180310051300p:plain

[Enter]を押します。

f:id:Medicmed:20180310052817p:plain

実行されたプログラムのあとに、コードがターミナル上にちゃんと表示されています。

今回のプログラムは【for-loop】で1から14までの数の和を求めるプログラムでした。

Pythonの勉強をするさいに、ぜひ参考にしてみてださい。

 

今回参考にした書籍はコチラ

 

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

 

 

オンライン授業でPythonの勉強がしたい方はUdemyかTechAcademyがオススメ

Udemyというオンライン授業サイトには、Pythonが勉強できるオンライン授業がたくさんあります。参考書などで勉強するのが苦手な方は映像授業でまず勉強してみるのが良いと思います。

 

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

www.udemy.com

自分の場合はUdemyでPythonの勉強をしていますが、TechAcademyでもPythonコースがありますので、そちらでも良いと思います。

テックアカデミーの1番の特徴は「パーソナルメンター制度」です。

本当にPCやIT系に疎い方であるなら、コチラの方が良いのかもしれません。

f:id:Medicmed:20180306050011p:plain

継続できるように個別に目標設定してくれたり、学習の進捗に合わせた宿題があるみたいです。

TechAcademy [テックアカデミー]

 

 

 実際にホームページを見てみて自分にあったオンライン授業を受けてみてください。

終わり。