仮想通貨 de 医学生

医学生がRとPythonで医学統計

医学生がスクレイピングでビットコインの値段を取得しCSVに出力してみた

 

はじめに

今回参考にした記事はコチラです。

qiita.com

タイトルがカッコ良かったので、今回のタイトルの参考にしました。 

 

スクレイピングってWEBページから欲しい情報を抜き取ってくる技術のことだよね?

株価や仮想通貨の値段を自動取得できたらデータ解析や売買ツール作成ができるしチョー便利じゃん!!!

 

 

Pythonだとスクレイピングするためのライブラリが豊富だったりするので、初心者にとってだいぶ敷居が低くなっていると思うよ。

株価や仮想通貨のデータ取得を1度覚えておくとぜったい今後役に立つはずだね!

スクレイピングの勉強をするとHTML/CSSJavascriptの勉強にもなるので一石二鳥だよ

 

 

 

 

今回やることはコチラ!!!

 

http://ビットコイン相場.com/からビットコインの価格を抜き取ってくることです。

上の引用元画像ではこうなっています。

2017-12-18 (2).png

ビットコインの価格200万円代...

超絶バブルの時です笑。

猫も杓子も「仮想通貨!!」と叫んでいた時代ですね。

ちなみに、今の価格はこうなっております。

f:id:Medicmed:20180323003604p:plain

ツラい・・・・笑

それでは、これらのデータを取得してみましょう!!!

 医学生スクレイピングに初挑戦!!!

毎度おなじみにターミナルを起動させます。

f:id:Medicmed:20180323001458p:plain

たまにはjupyter notebookも使ってみます。

jupyter notebookと打ち込むと画面が開いてくれます。

f:id:Medicmed:20180323001700p:plain

新しいファイルを作成します。名前はBitcoinにしておきます。

f:id:Medicmed:20180323001915p:plain

これに、記事に載っているコードをコピペします。

f:id:Medicmed:20180323002557p:plain

これらを実行します!!!

f:id:Medicmed:20180323002620p:plain

APPENDと表示されたので、多分できてるっぽい。

ここでターミナルに戻ります。

lsコマンドで表示してみると”bitcoin.csv”というファイルが作成できています。

f:id:Medicmed:20180323002804p:plain

これの中身をcatコマンドでターミナル上に表示してみたいと思います。

f:id:Medicmed:20180323003012p:plain

 jupyter notebookに戻ってみると新しい情報が追加されていることが分かります。

f:id:Medicmed:20180323004402p:plain

スクレイピングの威力というか凄さを実感することができました。

ただまぁ、このコード見てもらえれば分かるのですが初学者にはよくわからない。

気軽に利用できる感じではないのは分かったと思います。

そこで、買いました!!!

Pythonによるクローラ&スクレイピング入門」

Pythonによるクローラー&スクレイピング入門 設計・開発から収集データの解析・運用まで

Pythonによるクローラー&スクレイピング入門 設計・開発から収集データの解析・運用まで

 

 今回参考にした記事では、コチラの方がオススメされていたんですけどね。

 この本は後で読むことにします。

 

今回、参考にした記事にコメントしている方のアドバイスも凄く勉強になったのでそちらの方も紹介しておきますね。

f:id:Medicmed:20180323005049p:plain

pandas使った方が楽なんかーい!って感じでした。

 

Pandasでもやってみた!!!

f:id:Medicmed:20180323005649p:plain

上のコードをそのまま貼っつけてみたらできました。

pandasも有用であることが実感できました。

Pythonの凄さともっと勉強しようと思えた1日でした。

 

終わり。