医学生が教える学生投資家デビュー前に知っておきたい心構え

この記事をシェアする

 

はじめに

 

 固定ツイートにしてあるおかげか、投資系の記事を読んでくれている方がいて感謝です。

この記事をきっかけに、自分と同じように学生中に株式投資を始めて頂ければ嬉しいです。

 

 ※TwitterでDMをしばしば頂くことがあるのですが、個別の質問や相談には基本的に応じられませんので、あらかじめご了承ください。

ブログで自分が勉強してきた内容や参考書を原則紹介していますので、そちらの方を参考にしてご自身でトレード手法を磨いてください。

投資をやる前に知っておきたいこと

自分が参考にしているとトレーダーさんの1人である両津さんです。

株クラだと超有名人だと思います。

儲かっている話は基本的にリアルではしない

両津さんも仰ってるように、基本的には「儲かっている」話はしない方が良いと思います。

SNSだけではなくリアルだと特にです。

自分のブログをきっかけに始めた医学生の中には、これから数百万ないしは数千万、天才的な人であれば億り人になる人がいるかもしれません。

数百万稼ぐだけでも、学生にとっては大金です。

嫉妬されたり、悪く言われたりする可能性があると思うので注意しましょう。

働く意欲が一時なくなると思うけど医学の勉強はしっかりすること

株式投資を始めて、カネを稼ぐコツを掴んでくると確実に陥るやつです。

1日数万円、上手くいけば数十万円稼ぐコトができるようになると思います。

天才的な人であれば、学生でも1日数百万円稼ぐことも可能だとは思います。

ただ、株式投資等でカネの稼ぎ方を覚えると働くコトがバカバカしく思えてきます。

多分これは投資で稼いだ経験のある人はみんな通る道だと思います。

画面を見ながらマウスをクリックするだけで、1日で数万円ないしは数十万円稼げるようになるんです。

同級生がしてくる「今月バイト掛け持ちで〜円稼げた」っていう話を見下してしまう瞬間が必ず訪れます。

また、目の前のやるべき各専門科目の勉強が手につかなくなってくると思います。

自分も医学の勉強に一切興味がなくなって投資の勉強ばっかりしていたフェーズがありました。

おそらく、このブログを見ている医学生でも同じ現象になっていくはずです。自分自身がそうでしたから。

ふとした瞬間に備忘録として心の片隅にこのブログの事を思い出して頂ければ嬉しいです。

 

投資はあくまで自己責任ですが、ぜひ1つの参考にしてみてください。

 

投資を実際に始めるかどうかは重要ではなく、これをきっかけにお金に対する知識を学生中から勉強して頂くきっかけになればと思います。お金に関する自己啓発本だとこの2冊がオススメです。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

投資の入門として何を読めば良いのか?

株式投資に限らず、投資を始めてみたい!という方は「インベスターZ」が入門としては面白いので、大人買いしましょう。

インベスターZ 全21巻セット

インベスターZ 全21巻セット

 

 バフェットの本も投資入門としては、やる気がでてくるのでオススメです。ぜひ、参考にしてみてください。 

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

 

 少し株式投資について理解が深まってきたら、財務諸表の勉強もしましょう。

企業の業績を数字で理解できるようになる必要があります。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

 

 

本格的に株式投資をやりたいならファンダメンタルズ分析が必要!!!

学問に王道なしと言われる通り、株式投資でもファンダメンタルズ分析は大切だと個人的に思っています。

簿記や会計学を勉強せずに財務諸表分析ができるとは思っていません。

本格的に株式投資をやりたい人は、会計の仕組みをある程度理解していく必要があります。

 

さらに確実に儲けるための実践的な方法が学べる!  株式投資の学校[ファンダメンタルズ分析編]

さらに確実に儲けるための実践的な方法が学べる! 株式投資の学校[ファンダメンタルズ分析編]

 
株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

 
道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス

 

いくつか株式投資の本を紹介してきましたが、ぜひ参考になればと思います。

終わり。