病院経営のため医学生が医療広告について勉強してみた

この記事をシェアする

 

はじめに

 

 以前つぶやいたら、フォローしている開業の先生からレスポンスいただきました。

 

ブログはできていた方が良い?

先生のつぶやきにもある通り

自分で何もせず業者に外注していると費用が指数関数的に増えていきます。

親が開業医ですでにクリニックや病院を持っている方ならそれほど心配する必要ないと思いますが、1代目でこれから開業するぞ!ってしている方にとっては初期費用を可能な限り抑える必要があると思います。

業者に任せるとボッタクラれる可能性もあるので、基本的なスキルは身に付けておいた方が良いかもしれないですね。

www.ss-facilities.co.jp調べると、凄そうなコンサルティング会社がでてきます笑

こういう所に実際仕事をお願いした開業医の先生方から費用など聞いてみたい...

 

医療法で規定されている広告とみなされる定義

定義の話をしてもつまらないので、サラッと流していきましょう。

  1. 特定性
  2. 認知性
  3. 誘引性

この3つを同時に満たすものを広告と定義しているみたいです。

医学生や医者の先生方は法律の専門家ではないので、定義よりも具体例が大事です。

会話形式で勉強しよう!!

 

 

クリニック内で配るニュースレターや小冊子って大丈夫ですか?

 

 

一般人に対する認知性がないから大丈夫だよ。

 

 
 

クリニック内ではバンバン宣伝しても大丈夫なのか...

患者さんからの請求で送付するパンフレットやメールはどうですか?

 

 

特定の人に対して行っているから、これも一般人に対する認知性がないから大丈夫だよ。

 

 

 

 
 

ホームページはどうですか?

 

 

これも一般人に対する認知性がないから大丈夫だけど、バナー広告貼ったり検索エンジンに広告出すと認知性ありとみなされるよ。

 

 

 

 
 

ありがとうございます。

 

 

この調子で病院経営の知識を深めていってね。

 

 

 

 

今回参考にした書籍はこちら

診療所経営の教科書【第2版】〈院長が知っておくべき数値と事例〉

診療所経営の教科書【第2版】〈院長が知っておくべき数値と事例〉

 
知れば得する!図解医院経営のカラクリが全部わかる本

知れば得する!図解医院経営のカラクリが全部わかる本

 

 終わり。