【爆速Wi-Fiルータ】医学生がNEC Aterm WG2600HP2を2つ購入してきた

この記事をシェアする

はじめに

NECAtermを購入してきました。

1つは親機用と2つ目のやつは中継器用です。
f:id:Medicmed:20180423222105j:image

 

NEC Aterm WG2600HP2

NEC Aterm WG2600HP2

 

 ルーター選びの際に色々勉強したので、これからルーターを購入する方を知識をシェアしていきたいと思います。

【スポンサーリンク】
 

 

NECAtermWi-Fiルータの中では超有名

自分が参考にしたYouTubeはコチラ

 

www.youtube.com

 

youtubeに色々商品紹介動画があるので見てみよう!

 

 

 Wi-Fiなどのネットワーク系は技術が凄すぎて良くわからない

今回購入してきて思ったのは、

Wi-Fiルータも新機能を勉強するためにこまめに買い替えた方が良い

 ってことですね()

そもそも5GHz帯や2.4GHz帯ってナニ?

MVNO格安SIMを使用している方なら既にわかっている話だと思います。

 自分は楽天モバイルを使用しているのですが、格安SIMを実際に使ってみてヘルツ帯について学びました()

話題が一旦スマホになりますが、すべてのスマホ端末には

「対応周波数帯」

というものがあります。

ドコモのLTEFDD-LTE)と3G(W-CDMA)の周波数帯

引用:

SIMフリースマホの「対応周波数帯」って何? - ITmedia Mobile

 

携帯会社大手はドコモ・ソフトバンクauの3社ですが、それぞれの会社に対して割り当てられている周波数帯が違います。

自分が使っている楽天モバイルはドコモの周波数帯を一部借りていてその電波を使用していることになります。

これが俗に言うMVNO = Mobile Vertual Network Operatorってやつですね。

SIMフリースマホだからといって、周波数帯に対応していないスマホSIMカードを突き刺しても残念ながら使用できないので注意してください。

ドコモユーザーの方は聞いたことが多分あると思いますが

「プラチナバンド」

 これは上の図で言うと

LTEバンド19 800MHz帯

のことです。

物理選択者はホイヘンスの原理や波の回折を勉強したと思いますが、「波長が短い」(=周波数が高い)とまわりこむ度合いが小さくなります。

波の回折 ■わかりやすい高校物理の部屋■

ですので、5GHz帯は高速なのですが障害物等が合った場合に電波が届かないという問題発生し、2.4GHz帯やプラチナバンドのような低周波数では電波がまわり込むため障害物等が合っても電波を受信することができる(=通信が安定する)ということです。

 

NECAtermにはヘルツ帯の自動切替で通信を安定させてくれる機能がついている
 

バンドステアリング機能といって、電波状況の良い周波数帯へ自動切替してくれる優れものだよ

 

 
ビームフォーミングもバンドステアリング機能と同じで通信を高速・安定化させる

http://www.aterm.jp/product/atermstation/product/warpstar/wg1200hp2/images/feature_img_beamforming.jpg

引用:

http://www.aterm.jp/product/atermstation/product/warpstar/wg1200hp2/

 

他にも同時通信を可能にさせてくれる機能「MU-MIMO」なんかもあります。

これから新しいWi-Fiルータを買おうとしている方はぜひ参考にしてみてください。

終わり。

 

合わせて読みたい記事!

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

 

 

 

【スポンサーリンク】