【Python】Matplotlibでグラフをアニメーション

この記事をシェアする

はじめに

詳細! Python 3 入門ノート

前回の続きです。

 

www.medicalmed.press

 

pythonを起動させよう!

 「-5から5まで0.1刻み」のarrayを作ります。

f:id:Medicmed:20180501191937p:plain

できたアニメーションがこちら。

f:id:Medicmed:20180501192104g:plain

repeat=Falseにしているのになぜかリピートされている不思議()

三角関数のグラフを描いてみよう!

f:id:Medicmed:20180501192322p:plain

 numpyのmeshgridメソッドを使用します。

列ごとに数値が上がっていくarrayと行ごとに数値が上がっていくarrayを作成できます。

numpyのsin関数を使用してプロットしてみます。

f:id:Medicmed:20180501192643p:plain

f:id:Medicmed:20180501192818p:plain

できたグラフがコチラになります。

-5から5の範囲で動くカーブが描けました。

三角関数の合成!!!

f:id:Medicmed:20180501193046p:plain

dxとdyをそれぞれsinに代入した合成関数をZとします。

これをプロットしてみるとこのようなグラフができます。

f:id:Medicmed:20180501193241p:plain

 

 

何かのアートっぽい...

 

 

 

アニメーションにしてみよう!!!

どうやってこのグラフになったのかアニメーションで確かめていきましょう。

f:id:Medicmed:20180501194110p:plain

前回と同様にmatplotlib.animation.ArtistAnimationメソッドを使用していきます。

f:id:Medicmed:20180501194158g:plain

アニメーションを作成するとグラフがどのように描画されたのか分かるので便利ですね。

ぜひ参考にしてみてください。

終わり。