【不動産】医学生が最速最短で宅建士試験に合格するには?

この記事をシェアする

 

はじめに

【スポンサーリンク】
 

Twitterで質問がきたのでブログにしたいと思います。

以前に不動産の記事を書いたので合わせて読んでみてください。

www.medicalmed.press

 最速最短で合格したかったらオンライン授業を受けるべき!

結論はこれです。

医学生なら独学で勉強しても合格すると思いますが、変な覚え方をしたり勘違いを起こしてしまう可能性があります。

「自分は門外漢である」

 ということを素直に認めて先生から教わった方が良いと思います。

自分のスペックに自身があるのは良いですが過信は禁物です。

宅建試験は年に1回しかないのでなるべく1回で確実に合格したいならなおさらです。

自分は資格スクエアの宅建講座を受講していました。

他に安いオンライン講座はクレアールなどがあります。

 サンプル動画があると思いますので、ご自身に合ったやつを受講したら良いと思います。

 

宅建の参考書でオススメは?

 オンライン授業の他に手元に置いておきたい参考書はコチラ。

 「マンガ宅建士はじめの一歩」

平成28年版 マンガ宅建士 はじめの一歩 (マンガ宅建シリーズ)

平成28年版 マンガ宅建士 はじめの一歩 (マンガ宅建シリーズ)

 

 導入として読むには最適だと思います。

隙間時間に流し読みしたら良いと思います。

民法宅建業法・税金関係のアウトラインを形成するのに便利です。

マンガのイラストが好きではない場合他にもたくさん似たような書籍がありますので自分の好きなものを選べば良いと思います。

 

 「みんなが欲しかった!宅建士の教科書」

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2018年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2018年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

 

 FPの参考書でもお世話になった「滝澤ななみ」先生の本です。

レイアウトがかわいいのでオススメです。

また分野ごとに分冊でき持ち運びも便利なので、カバンに入れたままにもできます

基本的にこの2冊あれば十分だと思います。

 

勉強の目安は3ヶ月!

【スポンサーリンク】
 

宅建の範囲は主に3つの分野に分かれています。

得点源にしやすい順番としては

宅建業法→税金・建築基準法などその他の法令→民法

です。

なので、オススメする勉強の順番は

民法をはじめに勉強して、基礎知識が付いてきたら宅建業法をはじめて最後にその他の分野を一気に覚えることだと思います。

民法以外の分野は基本的に暗記なので、医学生のお得意分野です。

試験直前期に頭に叩き込むことが十分可能です。

それぞれの分野における学習目安時間はそれぞれ1ヶ月のペース配分にしましょう。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)も同時に受験しよう!

宅建を受ける前ないしは受けた後はFP(ファイナンシャルプランナー)も一緒に受験しましょう。

せっかく勉強した知識を強固なものにするためには関連する資格試験を受けることをオススメします。

 

宅建士試験合格後は間を開けずに登録実務講習を受けよう!

宅建士試験に合格しただけではダメです。

  •  「登録実務講習」とは、公益財団法人不動産流通推進センターが国土交通大臣の登録を受けた講習機関として実施する講習です。
  • 宅地建物取引に関する実務経験が2年に満たない方は、この登録実務講習を修了することにより「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められ、宅地建物取引士資格の登録申請を行うことができます。

f:id:Medicmed:20180518012749p:plain

【引用元】

登録実務講習とは|宅建登録実務講習|宅地建物取引士|不動産流通推進センター

宅建士試験と登録実務講習の期間が空いてしまうと、せっかく勉強して身に付けた知識を見事に忘れてしまうのですぐに受講することをオススメします。

実務知識を勉強できるのでとても役に立ちます。

登録実務講習は各資格予備校が行っていますが、自分は

LEC東京リーガルマインド

の登録実務講習を受けました。

f:id:Medicmed:20180406233839j:plain

 

【スポンサーリンク】
 

宅建の勉強をした後は不動産の勉強もしよう!

宅建士試験に合格すると通常の人に比べてだいぶ不動産知識を知っている状態になるかと思います。

この後は不動産投資の本なんかで勉強してみてはいかがでしょうか。

おそらく、宅建士の勉強する前に比べて段違いにサラサラ読めるかと思います。

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

終わり。

 

合わせて読みたい記事!

www.medicalmed.press