LinuxにMySQL-Workbenchを入れてみた

この記事をシェアする

はじめに

MySQLとは?

オープンソースのデータベースのことです。

wikipediaから引用すると

f:id:Medicmed:20180602015202p:plain

エクセルでも十分データ管理できると思いますが、医学生時代にデータベースの勉強も少ししておこうという軽い気持ちです。

臨床研究をする際に役立ってくれると良いなと思います。

Udemyのコースでは

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

「はじめてのSQL・データ分析入門」

を受講しています。

LinuxMySQLをインストールする

「sudo apt-get install -y mysql-server」でインストールできます。

MySQLをインストールしたらWorkbenchの方もインストールしていきます。

 

 MySQL-Workbenchをインストールする

f:id:Medicmed:20180602020654p:plain

同じように「sudo apt-get install mysql-workbench」

でインストールすることができます。

Workbenchを起動させる

f:id:Medicmed:20180602021519p:plain

new_schemaで"mydb"という新しいデータベースを作成します。

文字コードを「utf8_general_ci」に設定します。

データベースを作成したら、Udemyコースのサンプルデータを読み込ませます。

「File」から「Run SQL Script」を選択してサンプルデータに入っている「sample_databese_mydb.sql」というSQLファイルを開きます。

f:id:Medicmed:20180602021818p:plain

 ファイルを開くとこのように一部が画面に表示されます。

Default Schema Nameをmydbに設定し、文字コードもutf8に設定すれば完了です。

f:id:Medicmed:20180602022116p:plain

このようにサンプルデータが表示されました。

f:id:Medicmed:20180602022253p:plain

 

ぜひ参考にしてみてください。

終わり。

 

 

合わせて読みたいLinux関連記事!

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

www.medicalmed.press

 

 

 

ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ

ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ

 

 

ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ